英語とお給料について

英語とお給料について

私の勤めている会社は世間的に言えば給料のいい会社として知られています。それなりに入社の難易度は高く近年では英語が出来ないと駄目とされています。

そうすると英語ができるかできないかで収入が変わっていくということになります。たまたま私の会社だけがそうなのかそのあたりをしっかりと確認していきましょう。

もし英語で収入が上がらないようなら無理して勉強する必要性もないかもしれないですし、英語で収入があがるようならやるべきことがらだと思います。

令和最強の英語吸収法
脳トレ英会話の公式HP

英語ができると給料が高い?

ある調査によるとその結果、年収700万円以上の人の48.7%が英語での日常会話や読み書きができるレベルであることがわかっています。

さらに年収が500万円から700万円未満の人においては34%、500万円未満の人は22.4%と、英語力を有している人ほど年収が高いという相関が見られています。

これを見ると英語が出来る人は高収入ということがわかりますね。

出世の観点から見ると部下の人事評価、または人事に関わっている一般企業の経営者・役員及び200名を対象としたこの調査によると、およそ半分の人事関係者が「英語能力による収入の格差」を感じているといいます。

「昇進に英語力は欠かせない」というのは日本でも共通感覚になりつつあるようです。

転職にも有利になるのか?

終身雇用と呼ばれていた日本ですが、今では転職が当たり前になっています。英語ができると転職に有利になるのかそこを確認してきましょう。

転職エージェントの情報によると大企業への転職を成功させるには、英語力が大きな評価ポイントになるそうです。

規模の小さいベンチャー企業もまた、設立と同時に世界市場を相手にするような事業スピードが求められているため英語能力が大きく評価されることになると言われています。

また、金融専門職やメディカル系専門職、モノづくり系エンジニアなどの職種における転職成功率は、TOEIC受験者の方がTOEIC非受験者よりも高いことが明らかになっています。

英語ができるビジネスマンに

個人としてのキャリアの観点から見た場合には、英語力の有無が大きな差を生むということが理解できると思います。

英語は仕事をするためのツールにすぎません。ただし、語学に挑戦する能動性がない限り、その先にあるチャンスにたどり着く可能性も減るのが現実的です。

だからこそ脳トレ英会話で英語力を伸ばすのが当たり前になるでしょう。そうすれば社会で重要な人物になりますよ。

令和最強の英語吸収法
脳トレ英会話の公式HP
TOPページを見る