脳トレとはいったい?

脳トレとはいったい?

一時期流行った脳トレ。今は定着して当たり前のことになっています。しかしどうして脳トレというのは流行って定着していったのでしょうか。

それがわかれば脳トレの効果もわかりますし、やっている意味もわかるはずです。

なんとなくやっているのと理解してやっているのでは効果も違います。

脳トレについて詳しく紹介していきます。

令和最強の英語吸収法
脳トレ英会話の公式HP

脳トレとはどういうものなのか

脳トレは文字通りのトレーニングではありませんが、脳を活性化させ鍛える訓練となります。高齢化社会の日本では、2025年には65歳以上の高齢者のうち5人に1人が認知症を患うといわれています。

平均寿命が延びても、自分が自分らしく生活できないのは悲しいですよね。そうならないためには、脳の機能低下を防ぐ習慣をつけることが大切です。

そこで脳トレをしたことによる効果を見ていきましょう。

認知症予防に効果あり

誰でも齢を重ねると脳内の血流が悪化してきます。そうすると脳内にエネルギーを運ぶ酸素や糖分が不足してきて、認知機能にも影響してきます。

そこで大事なことは、脳を刺激することです。脳トレは脳内の血流を促進して、認知機能の低下を防ぐことができると期待されています。

人の脳は、「前頭葉、側頭葉、頭頂葉、後頭葉」の4つに分けられています。

この中で前頭葉の前頭前野が、記憶・学習・感情をコントロールする役割を担っています。この前頭前野を活性化させることにより、脳の老化スピードを遅くできるのです。

前頭前野を活性化するためには格別頭を抱えるほどの難問を解く必要はありません。ごく単純な計算やクイズなどでよいので、脳トレを継続することが重要なのです。

脳トレで気をつけること

大事なことは、脳トレは正解を出すのが目的ではないことです。要は楽しみながら脳をトレーニングすることです。

答えを間違えても全く問題ありません。周りの方がそのことを非難したり、本人が自信を失うような言葉や態度を見せるのはトレーニングとしては間違っています。

脳トレは継続することが大切です。そうすれば、脳や体のさまざまな部分を刺激でき、より効果が上がります。

誰も解けそうもない難問をやってみても、解けなければ達成感を得ることもできません。むしろ続かないのであまり意味がないかもしれません。

大事なのは短い時間でもいいので続けることそうすると次第に脳がトレーニングされていき、常に活性化された状態になります。

令和最強の英語吸収法
脳トレ英会話の公式HP
TOPページを見る