勉強法に大事なこととは?

勉強法に大事なこととは?

覚えなければいけないことは膨大なのに、覚えたそばから忘れて行ってしまう…というのは誰にもありますよね。

そうすると自分の脳の作りが悪いから覚えられないとかネガティブに思ってしまうかもしれません。

実はそんなことはありません。実は覚えるということには脳科学的に正しいコツがあります。

記憶力がいい人というのはこのコツを自然に実施しているか覚えていく上で身につけていったということもあります。

だから記憶力がいい人は当たり前にやっていることなので上手く説明できないのですよね。それを科学的に解明していけば誰でも記憶力があがるというわけです。

そこを解説していきます。

令和最強の英語吸収法
脳トレ英会話の公式HP

記憶をするコツとは?

勉強でどうしても覚えないといけないとき、それだけをなんとか覚えようと頑張っていると思います。

実は脳は単純な項目の単調な暗記はとても苦手と言われています。

それでは何が得意かというと既に知っている情報と関連づけて覚えることや、関連のある物事同士を覚えることはやりやすいのです。つまり、連想して関連つけるのが大事です。

記憶力がいい人とは

記憶力がいいと言われる人は、記憶力が良いのではなく関連付ける力に優れているということはよくあるものです。

ただ関連付けのプロセスはその人の脳内で処理されており、外からはわからないです。外部の人が見て判断できるのは記憶した知識の量だけになってしまうので、記憶力が良いと評価されてしまいます。

1つだけを覚えるのではなく、物事を関連させることで一気に覚えていくことが記憶力アップのコツです。

英語を覚える上で大事なこと

英語を覚える上で必要なのは単語などを大量に暗記する単純記憶ではなく、物事の関連性を踏まえて覚える力になります

この関連付けて覚える力は、遺伝や才能は関係ないということが判明しています。記憶力って生まれつきの能力だと思っていたり、自分自身が覚えるのは苦手だからと言う人も安心してほしいです。

関連づけて覚える力は、今からでも・誰でもトレーニングすれば伸ばすことができます。うまく覚えられないという人はコツを知らないだけなのです。

まとめ

暗記だけの勉強についてはある程度の才能もあったりするのかもしれません。

しかし、暗記じゃない勉強法については何歳になってもできますし、むしろそのほうが都合がいいということがわかっています。

脳トレ英会話はその理論を科学的にやっている勉強法です。

令和最強の英語吸収法
脳トレ英会話の公式HP
TOPページを見る